櫻木真乃の特徴は?穏やかで優しい心を持った、鳥が大好きな女の子

概要 アイドルマスター シャイニーカラーズ』に登場するアイドルの一人で、283プロに所属し、風野灯里、八宮めぐると共に3人組アイドルユニット「illumination STARS」を結成する。他シリーズの天海春香や島村卯月と同じレッドフェイス(通称:普通系統)だが、ユニットメンバーとしてのイメージカラーはピンクが多い。 性格(パーソナリティ)元気いっぱいの先輩が多い「ノーマル系譜」の中でも、穏やかで優しい心を持った女の子です。守ってあげたくなるような、一緒にいるだけで幸せになれるような、そんな女の子です。 283PRO近くの公園で鳩に歌を歌っていた真乃は、スカウトに出かけていたプロデューサーの耳に留まる。…… そう、ピンときたのだ! そして、その場でスカウトを申し出てくれたのだ。突然のスカウトに戸惑い、断った真乃だったが(真乃曰く「知らない人に話しかけようとすると頭が真っ白になる」)、プロデューサーは諦めきれず、数日後に再びスカウトしてきた。結局、彼女は承諾し、アイドルへの第一歩を踏み出す。 プロデューサーの「独特の雰囲気」という表現からもわかるように、彼女は「普通タイプ」に分類されるものの、実はあまり普通ではなく、個性がないことに悩んでいるようには見えない(個性がないことに悩み、常に前向きなアイドルは他にもいるのだが)。アイドルマスターシリーズの開発チームの総責任者を長年務めたガミPこと坂上陽三氏のインタビューによると、アイマスシリーズに伝統的に登場するアイドル(いわゆる「ノーマル系」)は常にリリース時のトレンドを反映しており、真乃のキャラクターは「2020年代の『いつでも明るくて元気でガツガツしてる女子なんていないよ』」というトレンドに基づいている。また、ノーマル系統の中でもプロポーションが良く、胸が大きい(→真乃ぱい)キャラクターとなっています。 「アイドルになることで、内気で自信のない自分を変えたい」という思いから、最終的にプロデューサーの誘いを受けた。しかし、プロデュースSSR[ほわっとスマイル]によると、幼い頃からアイドルが好きで、「人を笑顔にするような人になりたい」と思っていたそうです。 テンションが上がると気合を入れて「むんっ!」を連呼するそうです!(ちなみに、担当Pからは「これは怪力かもしれない」と言われています) 驚いたときやわからないことがあるときは、必ず「ほわっ」と特徴的な声を出すそうです。一人っ子で、イルミネが限定サポートSSR[夏風渡るdiary]の三姉妹ドラマで長女役にファン投票で選ばれたが、本人は「ずっと兄弟に憧れていた」と語る(一人っ子は「普通の系図」の伝統でもある)。 鳥類マニア 鳥が大好きで、「ピーちゃん」という名前の白いギンバトを飼っているが、芹沢あさひとのホーム画面の会話によると、「雛の時に『ぴー、ぴー』と鳴いていた」ことから名付けたという。ちなみに、ペットを飼っているアイドルは、他にも摩美々・果穂・夏葉などがいるが、その中でもピーちゃんは別格の扱い。ピーちゃんは動物タレントとして真真乃と行動を共にしているようで、真乃の思い出アピール演出に度々登場する。 また、鳥への思い入れも強く、仕事で山奥に行き、普段は行かないような珍しい鳥に出会うと大興奮する。4コマ漫画「神対応」の第2話では、そこで出会ったハトに可愛がられる姿が度々登場する。また、カラスやカモメにも人気があり、(4コマ漫画第58話「眷属」の)めぐるのサポートSR【友情の花吹雪】では、ペットショップの鳥たちにも好かれている。公式コミカライズ版では、第1話冒頭から笛でピーちゃんを呼び、鷹匠のように腕にとまらせ、マジシャンのようにカバンの中から出現させ、迷子の女の子を「魔法使いのお姉ちゃん」だと思い込ませている。エイプリルフール2022企画「DETECTIVE×MURDER」では、「鳥使い」という通り名の探偵少女として描かれ、鳥に懐かれる体質が超能力として誇張されることが多い。 『シャニマス』の「顔」 めぐる、月岡恋鐘、小宮果穂、園田智代子、桑山千雪、黛冬優子、市川雛菜とともに283プロの25人のメンバーの一人で、真乃の目のハイライトは3つで、不安や感情があるときは真乃だけが4つになる。2023年現在、真乃は『シャニマス』の顔として、283プロに所属する26人のアイドルの中で最も多い36枚のカードを所持しています。また、『アイドルマスター ポップリンクス』のOPテーマ「POPLINKS TUNE! 」では283PROを代表するアイドルとして活躍しています。 ...
続きを読む

三浦あずさを紹介!のんびり屋でマイペース、超ド級の方向音痴なお姉さん

人物 のんびり屋でマイペース、癒し系のお姉さん。自分より他人を思いやる優しさを持っている。他人と競うことを好まない平和主義者。他人には優しいが、謙虚で自分を過小評価する傾向がある。超ド級の方向音痴。 短大卒業後、親友の智美に勧められ、有名になって「運命の人」に出会うために765プロダクションに入るという、ちょっと変わった決断をした。(アイドルという職業に憧れを抱いているようにも描かれている)。純粋な価値観の持ち主で、恋愛には憧れを抱いているが、実際にアプローチするのは少し恥ずかしい。「理想の恋人」によく登場するイケメンやお金持ちには興味がない。人生観や恋愛観は意外としっかりしていて、考え方も少し古めかしい。周囲とのズレを気にする反面、自分が天然であることを自覚しておらず、意外と素朴で子供っぽい一面を見せることもあるが、本人はいたって真面目である。実は高校時代に彼氏がいたが、初デートで手を繋げなかったり、あまり話せなかったりしたため、わずか1日で別れてしまった。 趣味と特徴アイドルになる前は、OLや保母さんになるのが夢だったそうです。特徴の一つである大きなアホ毛は実は寝癖であり、いくらセットしても直らないようだ。携帯電話、雪、占い、動物、子供などが好き。特に、実家では「とらたん」という犬を飼っており、大の犬好きである。方向音痴の彼女でも、とらたんと散歩すれば迷子になることはない。好きな食べ物はピザトースト。母親がよく作ってくれるのだが、食べ過ぎてしまうらしい。 嫌いなものはゴキブリとお化け。(ただし後者は、OFAのPの推測によると、本当は怖い映画が好きなようなので、実は人並みに苦手なだけの可能性もある)また、機械に弱く、ジャンケンも苦手で、朝は危なっかしいほど弱い。運動神経も悪く、反射神経が必要なものは全て苦手。アルバイトをクビになり、2年やっても運転免許が取れない……。泳ぐこともできないが、胸のおかげで浮くことができる。慎重すぎるため料理が苦手だが、料理は得意。自分の結婚式や新婚生活、はたまた千早と学生時代の自分との恋の競演など、小鳥さんほどではないが妄想する癖がある。ゲーム第1作目、アーケード版に登場。たかはし智秋の手腕により、アイマス界一の歌姫と言われる。『隣に…』をはじめ、数々のバラードを伸びやかに歌い上げる姿は圧巻である。キャラクター設定上、ACからSPまで高いビジュアルパラメータを持つ彼女だが、ミリオンライブではボーカルシンガーという位置づけになっている。 アイドルマスターDSでは、桜井夢子のアイドル活動のアドバイスをしており、夢子からは「お姉ちゃん」と呼ばれ慕われている。秋月涼のシナリオでは、涼の良き先輩として登場し、このルートの終盤で涼と夢を賭けて対決する。 アイドルマスター2では髪を短くし、プレイヤーのユニットとは異なる「竜宮小町」として登場する。そのため、『アイマス2』のみ、彼女はプロデュースすることができない。後発タイトルでは、短髪の彼女をプロデュースすることができる。 アニメ版アイマス2のデザインで他のキャラクターが登場する中、彼女だけは初代アイマスの髪型で登場した。第6話で竜宮小町が結成された際、彼女は髪を切り、第2弾のデザインに変更した。この時、彼女が髪を切った理由が少し描かれている。 彼女はお酒を一度も飲んだことがなく、特に興味もなかった……のですが、アニメではお酒を飲んでいます。この情報は監督も知らなかったかもしれないし、担当声優の智明から受け継いだDNAかもしれない。……しかし、少量しか飲まなかったのに、かなり酔っていたようです。その場にいた律子やPに「にゃんにゃんにゃん」と声をかけていた。動かしにくいせいか、勝手にプリンを食べたりと、ゲーム内のキャラ設定とは少し違う行動も。彼女の「おたふく」顔はひどいものです(BDで謎の修正)。 彼女の最大の見せ場は8話です。石油王から結婚を申し込まれ(勘違い)、ウエディングドレス姿で街中を巻き込む大騒動になる中、アイドルとして輝き、最高の被写体として撮影された。穏やかで優しく、思いやりのある性格や、天然でボケた一面など、彼女の内面が引き出された回となりました。 ぷちます!編原作以上に方向音痴な彼女。コンビニに行こうとしたらスポーツジムにいたり、海外にいることに気づいたら、部屋を出たばかりなのに元いた部屋のロッカーから現れたり。 とても穏やかで優しい性格で、こあみとこまみが自分の服に入り込んできても全く動じない。バインバインな人間を嫌う千早に、懐柔のために餌を与えることもある。しかし、怒るととても怖い顔をしているようで、静かに怒るタイプです。自分に似ているぷちどるのみうらさんを呼ぶときは、「みーちゃん」と呼ぶ。 番組収録のために亜美を無人島に運んだり、やよいと伊織の大怪獣狩りに参加したりと、かなりの身体能力を誇っている。 登場時には「どたぷーん」と擬音で鳴く。(実際に聞こえると言われている)。 容姿 水色のノースリーブワンピースに白いロングスカートを履いている。正式版での目の大きさは春香や弥生と同じで、パッチリしている。AC版では黒髪である。胸が大きく、スタイルが非常に良い。 2など 花柄のもの、長袖のベスト、赤のロングシャツ、紺のロングスキニージーンズ(下はベルト付き)。髪型は短くカットされ、その後の作品でも短いままだったが、2021年8月19日に発売された「アイドルマスターミリオンライブ!シアターデイズ」では「セカンドヘアスタイルガシャ」(実質ファーストヘア)としてロングヘアが実装され、『アイマス2』発売以来10年半ぶりにロングヘアに戻したことが話題となる。 担当声優:たかはし智秋 人物 ...
続きを読む

三村かな子の特徴は?お菓子作りが趣味の17歳

概要 2011年11月28日の初期から『アイドルマスター シンデレラガールズ』に出演している、キュート属性を持つアイドル。お菓子作りが趣味の17歳。声優は大坪由佳さんです。持ち歌は「ショコラティアラ」で、2021年5月24日現在、第1回シンデレラガール総選挙27位(中間発表24位)、第2回シンデレラガール総選挙22位(中間発表16位)、第3回シンデレラガール総選挙30位(中間発表36位)となっている。2021年5月現在、すべての総選挙で40位以内にランクインしており、40位以内に安定してランクインしていることから、リングに強いレスラーに例えられ、かな子路線の案内役となっている。 彼女の初登場は、仕事や無料ガチャで入手できるノーマルカードとして登場しました。ゲーム内のステータスはあまり高くないが、ノーマルカードとしてはコストが高く、性能も攻撃的である。何より、ふわふわのボディと、手作りクッキーをあげるなどの愛嬌がプロデューサーの心を掴み、徐々に人気を博していった。特訓後の衣装は、持田亜梨沙、緒方智絵里、柳瀬美由紀と同じである。アイドルLIVEツアー」シリーズでは、「ピンクドットバルーン」というユニットを結成した。 プロデューサーに自身を変えられて「魔法にかかった」と表現することが多く、自分も幸せになれる「魔法」をかけたいと発言することもある。 外見上の特徴スリーサイズは三浦あずさや四条貴音と同じ90~65~89、身長は153cmとふくよかなプロポーションを誇る。特訓後のスリーサイズは90-63-89、ウエストは2サイズダウン、体重は1サイズダウンしています。特訓後のイラストのせいか、「ぽっちゃり」「ふくよか」と言われることが多い。しかし実際には、かな子のBMI22.2が標準体重(標準BMIは18.5~24.9)であり、他のアイドルの横顔は単に痩せすぎである。(性別を考慮しなければ、特訓後のアスランの21.80が最もかな子に近い)。 ......が、『デレラジ』のラジオドラマ『シンデレラガールズ劇場』第12回で、彼女たちのプロフィールの一部が不正であることが明らかになった(最初から不正だったのか、プロフィール申告後に増やしたのかは不明)。バンナムさん、何回目ですか?(まあ、現実的に考えて、シンデレラガールズの平均BMIが18.5を若干下回り、ステージ上で即入院となるような重度低体重(BMI16以下)の少女がいる業界では、「ほぼ全てのキャラクターが不正」と考えるべきかもしれませんね。(現実の女性アイドルもしかり)。ちなみに、同じキュートで情熱的なタイプのぽっちゃりアイドルには、赤西瑛梨華と海老原菜帆がいる。かな子のウエストやBMIは彼女たちに比べて小さいが、スイーツ好きという属性がぽっちゃりイメージに繋がっているのかもしれない。 「コミックアンソロジー」VOL.2に収録されているドラマCDでは、かな子が体重についてよくからかわれたり、悩み相談でダイエットについて熱く語ったり、前川みくがかな子に一瞬豚役を頼みそうになったり、かな子が幸子と相撲を取って瞬殺され「大きな石のようだった」と言われたり。挙句の果てには、出演者やスタッフでも食べきれないほどのお菓子を持ち込んで、残りを食べ尽くしたとされる。 ちなみに、ファンアンケートでは、彼女のスリーサイズは某有名タレントと同じであることが判明した。さらに驚くことに、彼女がよく交流する緒方智絵里や、前述の有名人のお相手も、ほぼ同じスリーサイズなのだそうです。 彼女のカードはどれも特訓前すると特訓後のウエストと体重が減ります。特訓後はLIVEのステージに立つことがほとんどであることを考えると、LIVE前などにレッスンに励み、その間に体を引き締めたと思われる(体重やウエストが大きく増減していないことから、ダイエットとは考えにくい)。 「シンデレラガールズ劇場」6巻のイラストによると、かな子は後述する水着の仕事のためにトレーナーからダイエットして痩せるように言われたそうです。作中では、かな子が太った主な理由が改めて明かされています。それは、かな子が複数の人にお菓子を配り、受け取った人はお返しにかな子だけにお菓子をあげるというもの。 かな子はお菓子をよく食べるが、自分の体重にまったく無頓着なわけではなく、特に年末年始はクリスマス、正月、誕生日(1月6日)などで摂取カロリーが激増し、恐る恐る体重計に乗ることになる。 交流その性格からか、彼女を指すキャラクターはそれなりにいる。お菓子作りでは椎名法子や十時愛梨と交流があるようです。食べ物では、海老原菜帆が浴衣祭りでかな子のためにたこ焼きを買おうとする。今井加奈は、かな子とユニットを組むことをPに提案する。槇原志保とはよく仲が良く、姉妹のような関係。 ふわふわスマイル 2012年3月26日、CD発売記念の有料ガチャで、高垣楓とともにSRアイドルに昇格した。スキルは「ありがとうの魔法」で、NからRへの昇格にファンは歓喜した。彼女は守備的にバランスのとれたアイドルだが、攻撃力も不足はない。 特技も含めて攻守ともに秀でている。キュートユニットの主力として活躍してくれるはずだ。 また、他のCDデビュー組と同様に、当時開催されたイベント「CD発売記念スロットチャンス」にも登場し、SR特訓の絵柄でお菓子を頬張る姿が披露された。 CDデビュー 2012年4月18日、渋谷凛、双葉杏、高垣楓、城ヶ崎莉嘉とともに「CINDERELLA_MASTER」の第1期メンバーとしてCDデビューを果たす。特典として、CDのオリジナルSR(現在は期間限定で入手不可)を入手できるシリアルナンバーが同梱されていた。残念ながら、性能は低コストな守備型で、ゲームでは使いにくい。 CDのドラマパートでは、ツンデレ演技が苦手な彼女だが、スイーツの話題になると「いくらでも話せちゃいそうです!」とおっしゃいます…。そういえば、特訓後の写真をよく見ると、彼女のお腹が見えていますね…。ちなみに、声優発表以降、バウムクーヘン(→かな子バウム)を食べたり、『ゆるゆり』の歳納京子のように「ラムレーズン味のアイスを食べる」姿(中の人)がよく目撃されています。 ...
続きを読む

中野有香の人物像は?身長149cmで空手黒帯の最強アイドル

概要 2011年11月28日の稼働から『アイドルマスター シンデレラガールズ』に出演している、ノーマルレアの女の子です。挨拶は「押忍」で、149cmと小柄な女の子ですが、最強のアイドルを目指しています。空手の黒帯なので、空手の腕前は相当なものと思われる。ちなみに道場では、彼女の道着に「神誠道場」と書かれている。 特訓後は、空手臭くないアイドル衣装「イエローリリー」を着ている。もともとかわいい衣装が苦手な彼女は、アイドル衣装が好きなようだが、「プロデューサーに言われたら、熊と戦う!」と大胆な発言も。 仕事終わりには「最強ッ!最強ッ!!最強ッ!!!オリャー!!」との台詞が。ちょっと頭が固いのかもしれませんね。まあ、他の事務所には拳の直撃一発でプロレスラーをKOするアイドルがいるし、同じ事務所には熊より強いかもしれない生体モビルスーツがいるんだですけどね。また、元警察官の片桐早苗が後に空手の達人として事務所に入ったが、どちらが強いかは決まっていない…(ただし、早苗の方が調子が良かったらどうなるかはまだ不明)、有香はデレステで泥酔状態の早苗と戦い勝利する。(しかし、早苗の方が調子が良ければどうなるかはまだ不明で、早苗は空手だけでなく柔道も強いと予想され、激戦は必至である).ワイルドウインドガールでは、2人はお互いを強いと認め合い、時折組手を行うが、覗き込んだ拓海が奥儀を繰り出すために形を崩している最中に外からの声に気を取られて敗北する。パンチングマシーンでは、美しい空手の正拳術のため数をこなすことができず、わかっているタクミに数歩遅れをとっている。 Nでのゲーム内成績が最強と真逆の最弱クラスである2コス同盟の一員である。体型や特訓後の髪型が中野梓(『けいおん!) (あずにゃん)」に似ており、苗字が「中野」、挨拶が「押忍」であることから、ユーザーからは「押忍にゃん」と呼ばれることが多い。 お花見 2012年3月30日の「桜舞う花見祭り」にてR化。イベント衣装「フリルブロッサム」を完成させるか、花びらを4,000枚集めると入手できる。水本ゆかりと同じく、低コストの島村卯月より先にR化された。挨拶で「押忍」とあまり言わないように気をつけている。また、Nの頃よりもアイドルらしいセリフが増えた。 が、「瓦割ってれば良いんですか!」と語っているあたり根は相変わらずのようだ。月宮雅とは、「みやびぃはかわいいなぁー…」「有香ちゃんかっこいいよねぇ…」とお互いに言っており、尊敬しあっている様子がうかがえる。 パワフル&スマイル 2012年9月20日に開催された「アイドルサバイバル in 学園祭」にて、追加ライバルアイドルとしてRに再登場した。彼女の体力は70万と過去最大。勝利することで低確率で入手することができた。性能的には防御力が高いが、最終防御力は1万を超え、Rアイドルの中でも最強クラス。 この「パワフル&スマイル」で、彼女はプロデューサーと念願の格闘技観戦(デート)に行くことができた。特訓後の衣装は、ラウンドガールを彷彿とさせる。また、匿名でドーナツ(差し入れ品)が届いたことを不思議に思っているが、もらった人は一人しか考えられない。 公式5コマ漫画「シンデレラガールズ劇場」の第37話に登場。塩見周子と学園祭を訪れたり、ダーツで標的を真っ二つにしたりと、すでにいろいろな意味で最強のアイドル路線を歩んでいる。 プリティパティシエ(スマイルパティシエ) 2013年2月6日~19日に開催されたイベント「アイドルプロデュース バレンタイン編」でイベントSRになった。彼女のステータスは今回も学園祭と同じく守備型に入っているようです。初めてのお菓子作りに奮闘するも、気合いが入りすぎて空回りしてしまうことも。ハート型のチョコレートを作ったり、カフェでのデートで緊張したりと、乙女な一面を見せる。 イベントで最優秀賞を受賞したSRの向井拓海のことを、同い年なのに「さん」付けで呼ぶ。「またドーナツの差し入れが…」と迷惑そうな顔をしていたが、今回のイベントでは共演者だと思います!気づいてください! ...
続きを読む

佐久間まゆを紹介!元読者モデルのヤンデレ女子

概要 2012年6月26日、『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS』に追加された広島地区で初出演を果たした。多くのアイドルが出身地を都道府県まで公開する中、まゆゆは仙台出身であることを明言している。 初めて会ったとき、自分はプロデューサーに運命を感じたという。元々は読者モデルだったが、プロデューサーのために前の事務所を辞めてきた。その愛くるしい振る舞いは「ヤンデレ」と表現され、公式「シンデレラガールズ劇場」(書籍版)では「初代ヤンデレアイドル」と評されている。ユーザー間での主な愛称は「佐久間まゆ」から取った「まゆゆ」。「ままゆ」と混同されることが多いが、混同しないように注意。また、「さくまゆ」という愛称もある。 瞳のハイライトは全体的に薄く、時には全てのハイライトを消してしまうこともある。彼女が登場するイラストでは、常に左手首が隠れている。また、左手には手袋をしており、一見すると非常に意味深に見える。左手首にはリボンをつけていることが多い。「シンデレラガールズ劇場」343話の「デレラジ」に出演した際、意識して取り入れるようになったのはアイドルになってからであり、彼女の気持ちとして「願掛け」であると語っている。ラジオドラマ版の追加台詞によると、以前から好きではあったが、普段は身に着けていなかったという。また、運命は絶対であり、どんな困難も何としてでも乗り越えるという。片腕の手甲については言及されておらず、その意図も不明である。左手首は、いまだ残る彼女の謎の一つである。 公式では、ヤンデレにありがちな猟奇的で暴力的なイメージとは程遠く、他人に危害を加えるようなことはないようだ。仲間のアイドルにも優しく、幽霊に怯えて涙を流すなど、むしろ普通の感覚を持った「いい子」である。プロデューサーが関与しない限りは...。 シンデレラガールズはソーシャルゲームなので、サービスそのものが終了しない限り、エンディングはない。そのため、シンデレラガールズは、プロデューサーへの愛からアイドルになったという珍しい例ではありますが、その愛の最終的な結末を見ることはできません。彼女がアイドルとして、女の子としてどんな道を歩むかは私たち次第で、......プロデューサーに委ねられているのです。 「まゆの人生はもう○○さんのものなんですから、これからも…ずーっと貴方好みのまゆにプロデュースして下さいね♪」 10周年記念衣装「シンデレラ・コレクション」に組み込まれた過去の衣装は、モバマスの初期衣装「リボンパーティー」とデレステの初期SSR「フィールマイハート」と思われます。ジャケット部分は、元々「リボンパーティー」のステージ衣装だったこともあり、かなりキラキラしています。 リボンブラウスデートは、スターライトステージのセレクトショップ「プリヴェ」にて着用可能です。 初期(リボンパーティ/リボンアディクト) 広島エリアをクリアすることで入手できるコスチューム「リボンパーティー」はキュート系レアです。能力は攻撃タイプで、スキルは「リボンアピール」です。 特訓前はピンクのロリータ風コスチュームで、手に赤いリボンを巻いてインパクトを与えています。いわゆる 「恍惚のヤンデレポーズ 」である。まゆはPに依存しているようで、「まゆは○○さんが喜んでくれるなら、何でもするの」などと発言している。また、「モデルの頃から撮影って大好き♪」とも語っており、アイドルのお仕事自体も楽しんでいるようだ。 特訓後は、全身を大きなピンクのリボンで包んだ「リボンアディクト」というコスチュームを着用する。マイクには赤いリボンを鞭のように巻きつけています。また、彼女の目は少し鋭くなっている。「まゆを○○さんの色に染めて?ねぇ、はやく…」と、まゆゆの情熱は増しているようです。 特訓前後には、「他の子との話、楽しいですかぁ?」と聞いています。特訓前も特訓後も、他のアイドルと仲良くすることを意識しており、プロデューサーに対する独占欲が伺える。 「プロデューサーさん、ネクタイ…直してあげる。あら、ステキな柄…。もしかして…誰かのプレゼント?そんな訳ないですよねぇ?うふふ…」 「まゆはずーっと○○さんと一緒です。まゆがトップアイドルになっても、ずっとこの運命の赤いリボンは繋がってます♪うふ」「まゆは○○さんのモノ、貴方はまゆのモノですよ、うふふ」 ...
続きを読む

二宮飛鳥の人物像は?静岡出身で14歳の中二病女子

概要 2013年12月に解禁された『アイドルマスター シンデレラガールズ』の「静岡エリア」のボス(レア)として初登場した。 人物像14歳の「中二病」「ポエマー」だが、神崎蘭子のような戯画化された邪気眼ではなく、本物の中学2年生のような性格で、斜に構え、少数派を装い、悟ったことを遠回しに言い、言葉遊びでオシャレに見せたりしている。これは「中二病」という言葉の本来の意味に近い。初対面から自分のことを「痛いヤツ」と言い、「いわゆる中二なんで、ね」と「中二病」であることを自ら認めるなど、中途半端な自己洞察力が「中二病」に拍車をかけています。人によっては、自分の過去と重なり、死にたくなったり、心が痛んだりすることもあるようです .........。また、ライトノベルに登場するキャラクターという印象もあり、ユーザーからは「ブギーポップ」「佐々木(涼宮ハルヒシリーズ)」「西尾維新作品のキャラクターなら誰でも」というワードが上がっていた。 嗜好高いところや騒がしい音楽が好きだが、静岡出身でありながらお茶は好きではない。特訓の前後はカラフルなエクステを付けており、本人曰く「小さな抵抗」。校則により、髪型を変えることはできないかもしれない。ただ、「学校と家以外の居場所を見つけたい」と発言しているので、例えば学校に居場所がない、ということはなさそうだ。また、「非日常」「外の世界」「未知の存在」など、今まで経験したことのない体験を求めているようです。「キミとボクとでどんな未来が見られるかな。楽しい未来だといいね」「聞かせてよ、キミたちの音」「昨日までのボク自身を忘れたようさ」などなどのセリフもあり、アイドル活動を楽しんでいる。親愛度が上がると「キミも『痛いヤツ』だったりしないかい?」「キミとボクとはなんとなく波長が合うというか、通じるものがある気がするんだ」と同じ扱いを受けてしまうが、プロデューサーの気持ちはハッキリしない...。住んでいる場所や家族構成も知らないし、隠す素振りもない、異常なまでの警戒心の強さだ。「CAERULA」で行った遊園地ではゴーカートレースを提案し、双葉杏の「おーる・ふぉー・ふぁん」ではカートに乗り、関裕美の「青春デビュー」ではレースゲームをしている。好きなのかもしれませんね。 無印 2013年12月19日の「静岡エリア」開設時に、大沼くるみ、財前時子とともに初登場した。特訓前は真っ黒なパンクファッションで、その後のカードにも登場する普段の服装である。エクステは黄色です。特訓後は、黒とピンクを基調とした衣装「エクステンドワールド」に着替える(エクステもピンク)。全身を白いベルトで縛られているが、これは「緊縛のメタファー」とプロデューサーは説明している。 グリッターステージ 2014年3月31日に開催された「WONDERFUL M@GIC!&総選挙記念ガチャ」にR枠で登場しました。エクステは、特訓前は紫、特訓後は空色と、より派手な色になっています。また、特訓前は私服ですが、ファスナーやチェーン、安全ピンなどをつけており、趣味が伺えます。今回のテーマは「夢」で、SR組(島村卯月、渋谷凛、本田未央)は台詞で夢を語り、R組(飛鳥、有浦かすみ、喜多日菜子、首藤葵)は特技名に「夢」が入っています。飛鳥の特技名は「夢幻のペルソナ」です。確かに飛鳥の特技名には「夢」が入っているが、その使い方が他の女の子と違うような...。 「理解る」「理解って」と書いて「わかる」「わかって」と読ませたり、深夜ラジオを「ミッドナイトレディオショー」と呼んだり、相変わらず台詞のキレがいい。柑奈に「愛と平和は未来と同じさ。信じる者の心にしかないところもね」と言うが、ゲーム内漫画『シンデレラガールズ劇場』の第274話でも言っているので、彼女はこのフレーズが好きなのかもしれません。控え室では、葵を困惑させながら日菜子と恋の相談をしている。 ミッシング・ピース 2014年6月17日から始まった「第5回アイドルLIVEロワイヤル」の上位報酬としてSRになりました。土砂降りの雨の中、鎖が巻かれたフェンスに寄りかかる飛鳥。彼女の世界観を表現したような初SRらしいイラストだが、撮影中の設定なのか、本気なのか(仕事に関する台詞が含まれていないため、後者の可能性の方が高い?)?そのセリフは「○○(ユーザー名)に説明は不要だろう。セカイの鍵を持つキミにはね」。以前よりエスカレートしていると思いますが、彼女を昔から知っているプロデューサーなら問題なく理解できるはずです。彼女のエクステは特訓前が茶色、特訓後が青色。 「劇場」第327話では、イベント共演者(大原みちる、日下部若葉、吉岡沙紀、槙原志保)とお茶会をする。志保がコーヒーを入れると、沙紀は「エスプレッソをブラックで」と注文し、大人っぽいと思ったのか、若葉も真似をする。しかし、エスプレッソは基本的に砂糖を入れて味わうものである。沙紀の好みはかなりイレギュラーなので、2人が飲めなかったのは当然といえば当然である。失敗の原因は、カップが小さすぎると思ったことだが、エスプレッソがどういうものかを理解しないまま、思いつきで注文してしまったためだろう。 サファリアドベンチャー 「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」のレッスン対象として登場。共演は的場梨沙、栗原ネネ、結城晴、堀裕子です。エクステは通常のレアリティと同じですが、特訓後は迷彩柄のベレー帽と短パンに身を包んでいます。個人レッスンができるのはアイプロだけなので、かなり多くのセリフが発せられ、秀逸な言葉が次々と出てきた。以下、その一部を並べてみよう。くれぐれも血を吐き過ぎないようにご注意ください。「ひとつの世界から、また別の世界へ……まるで旅人さ。そうだねボクらはみんな旅人だよ。アイドルという名の…偶像世界を往く……」「アイスコーヒー……。ミルクなし、ああ、シロップはもらおうか……そう、苦味を避けるのはヒトの生存本能が、だね……」前述の「劇場」で懲りたのか、その後、漫画版『シンデレラガールズ あんさんぶる!』でも同じようなことを言って、砂糖を大量に入れた。 「まあ、仕事であればこなしてみせるさ。それがボクらの被ったペルソナだろう」「夜はやはり冷えるね。人の持つぬくもりが街から消えるから……」「ボクだって、寒さに震えることはあるよ。人はみな、孤独に震えてみなければ分からないものさ」「本能を超えた先に理性がある。でも、LIVEの熱狂は理性の先だ。このループ、面白いと思わないかい」 アブソリュート・ゼロ ...
続きを読む

一ノ瀬志希を紹介!ギフテッドを持つ匂いフェチな女の子

概要 2014年2月19日に解禁された『アイドルマスター シンデレラガールズ』の「長野」お仕事エリアにて初登場。 一見すると制服姿の女子高生で、自らを「ふつーのJK」と称しているが、実は化学(ケミストリー)の才能があるギフテッド。ギフテッドとは、「贈り物」「天からの贈り物」「才能」「英才教育」から派生した言葉で、いわゆる天才を指す。留学して授業をサボるも、「レベルが低すぎる」「つまらない」と日本に帰国。それがなぜかプロデューサーにスカウトされ、アイドル活動をスタートさせる。 志希と似たような人物として理系の天才アイドルといえば池袋晶葉だが、晶葉の専門分野がロボット製作なのに対して、志希の得意分野は薬品(本人が公言できないようなものらしい)。惚れ薬も自作できる。また、「トリップ」などという不穏な言葉も使う。いやはや。 一見、恋愛に興味がなさそうだが、デレステでもモバマスでも、プロデューサーとデレデレしているシーンが多い。特にモバマスではかなり積極的で、「もっとキミと話をしていたい」、「あたしが一番キョーミあるのはキミ」など刺激的なことを言っています。「それになにより…キミがいるから。」 また、志希は自分で香水を作ったり、ハンカチの香りを嗅がせようとしたりと、香りとは切っても切れない関係にある。ライブバトルでは「美味しそうな子、発見♪」といい、イベント「アイドルサバイバル in フラワーガーデン」に出演した際には、他のアイドルの匂いに反応した。「花の匂いもいいけど、人間の方が刺激的」と語っていた。また、タバスコがたっぷりかかったピザを好むなど、味覚も一般人とはズレているのかもしれない。「神撃のバハムート」コラボでは、「粗めの砂糖が入ったケーキが好き」とも語っている。また、「匂いフェチなんだ。ハスハス~♪」......すでに匂いフェチであることを認めています。どうしたらいいのかわからないけど、近いうちにどうにかしないと...。また、通常匂いに例えることのできない出来事や事象を匂いで表現しており、匂いの共感覚を持っている可能性もある。 彼女がプロデューサーに興味を持つ理由は、「なんかイイ匂いがする」からです。プロデューサーの匂いの何がそんなに好きなのでしょうか?漫画『アイドルマスター シンデレラガールズ あんさんぶる!』では、事務所にプロデューサーの匂いがするアロマポッドを置き、特にPに興味を持った他のアイドルを混乱させる。ストーリーコミック「スターライトステージ」でも、プロデューサーの匂いのするアロマポッドを作っている(厳密には事務所の部屋)。 常に脳天気な口調で、マイペースな性格。興味は3分程度しか持たず、待つことに耐えられない。仕事中に姿を消すこともある(趣味)。才能のある人は、その天才ゆえに異常な行動も見せると言われている。自称「ふつーのJK」とはとても思えない彼女の行動は、高い能力の副産物なのかもしれません。時折、考え込むような表情を見せることもある。 「美しい人類の英知も、ただの背景。あたしの方が、価値があるでしょ?」 無印(ケミカルフレーバー) 2014年2月19日より、「お仕事」ローカルオーディションガチャに登場します。また、浅利七海、佐藤心も同時に登場します。特訓前は髪がボサボサで、制服も大きく開いていて、ちょっと遊び心のある表情をしています。初登場時は、渋谷凛に少し似ていると言われた。特訓後はアイドル衣装「ケミカルフレーバー」の上から自前の白衣を着用する(ちなみに晶葉は特訓後に白衣を脱ぐ)。口調やポーズが猫っぽい。そのため、プレイヤーからは「しきにゃん」とも呼ばれている。 ガンスリンガー 2014年5月30日、R昇格は自身への誕生日プレゼントでした。午前中は誕生日メッセージ、午後はイベント出演でした。 「LIVEツアーカーニバル 西部公演 ...
続きを読む

天海春香の特徴は?お菓子作りが趣味のアイマスシリーズ代表キャラ

概要 「アイドルマスター」シリーズに登場する765プロダクション所属のアイドル。同シリーズのメインヒロインである。愛称は「春香さん」「はるるん」「春閣下」「リボンちゃん」など。特徴心優しく、素直で、前向きな性格。「歌うことが好きなため」という動機からアイドルを目指した。頭のリボンがトレードマークで、本人も歌っている。不器用でよく転ぶ(本人は1日1回と言うが、シアターデイズの噂では1日3回転ぶ)。それ以外は特に目立った特徴もなく、特徴がないためどこにでもいるような普通の女の子である。→普通の系譜。 アニメ版では明るく前向きな面がより強調されており、765プロの雰囲気が沈みがちな時に真っ先に仲間を励ましたり、場の雰囲気を明るくすることが多い。また、千早の家を訪れて応援の言葉を送るなど、仲間を思いやる優しい性格であることが強く描かれている。 ぷちます!版では、事あるごとに春香に水をかけて増殖させようとするトラブルメーカーで物騒な存在だが、貴音の突飛な行動や伊織・亜美の過剰な身体能力についていけず、ツッコミ担当として常識的な役割を担っている。自分が不器用な女の子であることを自覚しており、わざと「どんがらがっしゃーん」を起こしてみんなの気を引くこともあるが、なかなかうまくいかないようだ。美希によると、彼女の太ももは「肉付きがいい」そうだ!美希ちゃん、あーちゃん、ちーちゃんは、お互いにお膝の上に陣取っているようです。はるかさんとみうらさんの命名については、春香が押し切った。 趣味のお菓子作りは実用も兼ねており、あらゆるケーキに目がない。洋菓子から和菓子まで幅広いレパートリーを持ち、自分でレシピを考えたりもする。また、砂糖と塩の配合を間違えたり、ケーキを焼くタイミングを間違えて焦がしてしまったりと、ドジな一面もある。 出身地は神奈川県中郡二宮町で、765プロダクションのメンバー13人のうち、出身地の詳細を知っているのは3人だけである: 雪歩は東京都足立区、響は沖縄県(おそらく本島以外の離島)である。自宅から会社まで電車で2時間。「シンデレラガールズ」では、765プロメンバー全員が「From.765PRO」扱いになっていました。そのため、実際の出身地は不明でしたが、「シアターデイズ」のサービス開始により、765PRO_ALLSTARSの残り10名、「ミリオンライブ」の37名以上の出身地も公開となりました。(一部未発表のものもあります。)このうち、765ASの星井美希とミリオンの矢吹可奈、真壁瑞希、望月杏奈は、同じ神奈川県出身であることが判明しました。 立ち位置開発当初から存在する春香は、最も早く声を与えられたキャラクターであり、アイドルマスターというコンテンツにとって非常に重要な存在です。現実のライブでも、春香役の中村繪里子はステージの中央に配置され、ソロ曲では一番最初に登場することが多い。 また、最初のアーケード版(AC版)のエンディングも他のキャラクターとは異なり、アイマスシリーズにおける彼女の独自性を表現している。アイドルとプロデューサーの関係を改めて考えさせられる重要な要素であり、ゲーム『アイドルマスター』を単なるラブストーリーとしてカテゴライズできない理由のひとつとなっている。バラメーター性格や育成にクセが少なく、初心者には扱いやすく、上級者には非常に高いレベルまで引き上げることができます。基本的に運動は好きだが、あまり得意ではない。ただし、犬漕ぎは得意で、おそらく成人男性であろう製作者のクロールより速い。前述の通り、歌うことが好きだが、あまり上手ではないようで、担当声優がそれに気づくと、「なんでだろう」と大いに悩む。 ミリオンライブ! GREE版 当初はASとシアター組の同期だったが、徐々にフォーマルになるにつれ、松田亜利沙がもともと春香を知っていたことや、シアター編の影響などもあり、矢吹可奈らの憧れの的となり、後輩から慕われるようになった。シアターデイズ GREE版と同じく、39プロジェクトの先輩である765ASの頼れるセンターであり、多くのアイドルから慕われている。また、お菓子(春日未来にはクッキー、徳川まつりにはマシュマロなど)を差し出す描写が多い。 2020年7月、52人のグランドフィナーレとしてメインコミュ(第68話)とソロ曲「キラメキ進行形」が実装された。ゲッサン版ミリオン 第1話(vol.1)では、最上静香らの公演を見るためにこっそり劇場を訪れていたところ、劇場の前で転ぶ癖が発動して春日未来とバッタリ。しかし、未来はこの日が初ライブで、765ASのこともほとんど知らなかったため、「ハルカ」と自己紹介されてもまったく気づかなかった。 公演後半、トークで客席とつながりが持てず窮地に立たされた静香は、客席の真ん中で突然「みなさーーん!」「1曲目、最上静香ちゃんで"Precious Grain"を聴いていただきました!」」と叫びました!客席に春香がいることに驚いている静香から観客の目をそらすことに成功し、次の曲、それも自分の曲である「START!!」に誘導しました!その後、未来に自分の正体を伝えたようです。Blooming Clover 第0話(予告編)の1コマ目に客席に背を向けて登場する(よって、シアター組を差し置いて最初に現れるアイドルである)。また、作中に登場する765プロの新入社員募集のポスターにも春香のシルエットが描かれている。 本編では、1~4話(第1巻)の全回想に登場するため、春香は先輩たちのアイドルとして描かれることが多いが、実際には9話(第3巻)でどんがらがっしゃーんと初登場することになる。 続く第10話(第3巻)では、シグナル の最上静香の代役として、急遽、後輩たちの合同レッスンに参加します。この回では、如月千早と星井美希の方が歌もダンスも上手いのに、なぜ自分がASのリーダーなのかと問う春香に対して、後輩がより自由に演奏できるように、後輩が出したアドリブにすぐに対応できること(確かな実力と広い視野を持ってしっかりとセンターに立ち、他のメンバーの才能を生かすことができるから)と答える。 そして、その日のレッスンに失敗して屋上で落ち込んでいた矢吹可奈を春日未来とともに訪ね、プチシューを差し出します。加奈は、アイドルになる前、失敗してもめげない春香の姿に魔法のように元気をもらったと言い、自分も春香のようにアイドルになりたいと言う。春香は、「それは難しいんじゃないかな」と言う。これはもちろん拒絶ではなく、「人は誰かにはなれない」が「自分のまま前に進むことはできる」ということを教えてくれている。しかも、一歩一歩進むと、「誰のものでもない自分だけの道が見える」という、自身の経験からの金言を伝えている。 この言葉によって、可奈は挫折から立ち直り、アイドルとしての目標を明確にした。この会話が、可奈とクローバーのその後のキャリアに大きな影響を与えたのは言うまでもない。 その後、しばらくは登場しないが、36話(10巻)以降、再び頻繁に登場する。  3巻の限定CDには、可奈、未来、他3名による「ONLY MY NOTE」のカバーが収録されている。Brand New Song 第1話(第1巻)で、千早や美希と一緒にライブに参加する様子が描かれている回想シーン。 余談 ...
続きを読む

鷹富士茄子を紹介!島根県出身の幸運の女神

概要 2011年12月28日、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のイベント「アイドルおもちつき大会」で、Sレアアイドルとして初登場した。イヴ・サンタクロースと同じく、「名前は体を表す」キャラクターである。名前の由来は「一富士二鷹三茄子」に決まっているが、読み方には要注意。彼女はよく「ナスじゃなくてカコですよ~」と言っている。しかし、「プロデューサーと一緒にナスを食べたい」とも言っている。 宝くじが当たれば大当たり、出会いがあればラッキー、壊れていたものを触れば直るという、奇跡的な運の体質を持っている。いつもゆったりとした生活モードで、いつも余裕のある生活を送っている。焦っているそぶりは一切見せない。しかし、決して驕ることなく、いつも誰にでも笑顔で接し、みんなの幸せを願っている。 しかし、何も努力しなくてもやっていける運の良さを持っているため、その努力は必ずしも評価されず、一緒に働く他部署のアイドルから妬みや僻みの対象にされることもある。運だけではトップアイドルになれないことを自覚し、プロデューサーと二人三脚で頑張る決意をする。 ギャグマンガのようなネーミングセンス、元旦の誕生日、出雲大社がある島根出身と、プロフィールが良すぎる。「500マニー拾っちゃいましたー。運営の人に返しておきますねっ」"と他のキャラクターよりも踏み込んだメタ発言や、加入の際の「私を見つけてくれたお礼に」というフレーズから、普通の人間ではないのではとユーザーに疑われる。類まれな運の良さとカード名から女神と思われるが、その正体は未だ不明である……また、バストとヒップは共に88と最も広い。祝福されていないバストポーチはとても形がよく、横から見てもわかるほどです。また、露出度の高い衣装もよく着こなし、抵抗感がないようです。それどころか、変顔や腹踊りにも躊躇なく挑戦し、他のアイドルに止められることもある。アイドルとしての自覚と品格を保ちつつ、前述のようなコントの依頼を当たり前のように引き受ける度胸と茶目っ気も持ち合わせている。 幸運の女神 2011年12月28日から開催されたイベント「アイドルおもちつき大会」の上位報酬として登場したSレア(初登場)。他のアイドル同様、スカウトや自己紹介といった出会いの描写がなく、初対面でいきなり仲良くなるシーンから始まるため、いつから事務所に所属しているのかが不明です。 第1回イベントの上位報酬ということもあり、配布枚数が非常に少なく、実際にこのカードを入手したユーザーは少なかった。いわゆる「道場」で公開しているユーザーもいるため、見るだけなら可能だが…。稀に市場に出回ると、とんでもない量のスタミナドリンクと交換される。リアルマネーに交換すれば家が買えるとは言いませんが、部屋を借りて敷金礼金込みで入居することは可能です。イベント限定のアイドルガチャが始まってから、アイドルのプレミア度は下がり、多額の借金を抱えていない人でも買えるようになった。とはいえ、イベント限定アイドルガチャの第1弾では、まだまだSRの中でも高額な部類に入りますが… 特訓前に抱いている絵馬には2012年の干支である辰が描かれていますが、韓国版『シンデレラガールズ』では2015年のカード初登場から「未」に置き換わっています。ただし、「ずっと一緒にいられますように」という誤字は修正されていません。 ぷちデレラの実装で明らかになった特訓後の衣装の名前は「「晴れやかジャパニーズドリーム」です。 新春アイドルプロデュース2012-13年の年末年始に開催されたイベント「新春アイドルプロデュース」の上位中間報酬として、30枚のみ復刻されました。絵馬に描かれている辰は、復刻版では巳に変更されています。また、イベントにはおまけ漫画としてゲスト出演し、初夢や絵馬について語ったり、おせち料理を作ったりしています。 強運の才女 2013年1月10日、「強運の才女5STEPガチャ」にて登場した新SR【強運の才女】。工藤忍がR枠で登場。ガチャでいつでも引ける常設アイテム扱いになったため、入手難易度が大幅に下がりました。おかげさまで、pixivへの投稿数も増え、昨年と比較して数日で倍増しました。今回は、食事をしながらトリビアの知識を披露する予定だ。また、異常なまでの運の良さで、「マークシートのテストならもっと賢いですよ!」 と言っているそうです。しかし、アイドル活動については、「「レッスンって楽しいですね!運に頼らないで、頑張るって新鮮です!」と語っているあたり、徐々に実力をつけてきている模様。なお「黒豆だけに、まめに働きましょ!」とも言っています。しかし、おせち料理はもともと縁起物の詰め合わせなので、間違ったことは言っていません。また、ゲーム内で更新される漫画「シンデレラガールズ劇場」の67話では、初夢にナスが出てきて宝くじが当たったという工藤忍が登場します。しかも、その忍はその後、強いSRに昇格している。茄子はまさに幸運の女神なのだ。お知らせが自動で公開されないので気づきにくいかもしれませんが、2018年8月13日にボイスが実装されました。始めたばかりでお金がないなど、後述の至幸の甘味に弱い人は、まずここを目指すといいかもしれません。 謹賀新年 2013年12月31日に開催された「新春振袖コレクションガチャ」にて、双葉杏、諸星きらり、上条春菜、道明寺歌鈴、ナターリア、柊志乃と共演したSRです。特訓の前に、プロデューサーと初詣に行く。実はその前に初夢で会ったと言い、また親しみを込めて話すことが多い。初詣というより、デートに近い。特訓後、振袖と踊り子を合わせたような衣装に着替え、踊りを披露する。「シンデレラガールズ劇場」第217話、第218話に登場。杏やきらりと共演し、交流しながら友情を育む。 多芸の才女 2014年12月31日から開催された年越しイベント「アイドルチャレンジ 新年かくし芸SP」で上位報酬SRとなった。イベントストーリーは、岡崎泰葉、首藤葵、乙倉悠貴の3人が、茄子を先輩として隠し芸に挑戦する……というもの。3人が力を合わせてレッスンを頑張るところからストーリーが始まりました。エンディングでは、茄子がリラックスしていたのは、他の3人が緊張しすぎているのでリラックスしてほしいという思いからだったことがわかります。また、茄子の新カードは年末年始だけ登場しましたが、茄子自身は「大きな仕事」は実は年末年始だけだと言っていました。対称に、「小さなお仕事」とは、新カードが登場しないイベントへの出演ということになる。SRカードは、特訓前の彼女が、初日の出をバックに笑顔で写っている。プロデューサーにとっては、後光が差しているようなものだ。手は痺れて赤く、息は白く、しぐさはとても人間らしい。特訓の後、新春かくし芸大会では「お琴」を披露する。セクシーな衣装は、新年ならではの初売り大サービス。とても気前がいいのです。また、特訓前の【手鞠の芸達者】首藤葵が、泰葉とピザを持つ姿も。 ...
続きを読む

新田美波を紹介!文武両道、ラクロスが趣味のお姉さんキャラ

概要 19歳の現役女子大生で、運動神経と文武両道の優等生キャラ。高校時代は生徒会副会長を務め、大学1年時にはミスコンで優勝した。しかし、そんな充実した生活の裏で、自分が本当にやりたいことは何なのか、戸惑っているのも事実。趣味のラクロスや資格取得も、やりたいことを見つけるためにさまざまな経験を積もうとする努力の一環。そんな中、スカウトされ、経験のひとつとしてアイドルの世界に飛び込むことを決意した。 目は、切れ長のアーモンドアイとくっきりとした二重まぶたが特徴的です。穏やかな雰囲気の中に華やかさもある顔立ちです。茶色がかった髪は腰近くまであるロングヘア。長身でスレンダー、BMIも低く、好きなスポーツで培った健康的なプロポーションは、周囲から憧れられることも多い。アイドルとしてのコンセプトは「女神」であり、ソロ曲やカード名に「ヴィーナス」などの女神の名前を使うことが多い。 海洋学者の父、料理上手な母、高校生の弟を持つ。父親が名付けた「美波」は、海にちなんで「時に激しく、時に優しく、波のように」という意味がある。普段は優しく穏やかな性格だが、何事にもチャレンジ精神を発揮し、ステージでは凛とした姿を見せる、まさに名前の通りの女性に成長した。 スタイルを生かすために露出度の高い衣装を着ることもあるが、彼女はその生い立ちから、肌を見せることを恥ずかしがっている。 (アイドルリーダーとして年上のアイドルの面倒を見ることもあり、周囲からは「お姉さん」「しっかり者」と見られている)家族の中ではお姉さん的な存在。一方で、まだ10代ということもあり、緊張を見せることもあるが、家族、友人、P、ファンの支えにより、緊張や不安を乗り越え、新しいことに挑戦することを楽しんでいる。また、勝つまでやめない負けず嫌いなところなど、年相応の一面も見せています。 ノーマル(クリアブライトネス) 2012年5月14日に実装された「神戸エリア」にて初登場。神戸以降の各お仕事エリア、ローカルガチャで入手可能。当時、コスト11のノーマルは彼女が初めてだった。 特訓前は、長い髪を束ねた制服にクロス(ラケット)をつけている。訓練後は髪を下ろしてキャンペーンガールのような服装になる。露出が多く、恥ずかしがり屋である。特訓後の服装の名前は「クリアブライトネス」と後に発表された。 学業に影響するため、父親に怒られることを心配しており、父親は厳しい人だと聞いている。しかし、弟が学校で誇らしげに語るように、家族は基本的にアイドルを応援してくれているようです。家族や友人、プロデューサーなど、自分を支えてくれる人たちに感謝し、さらに上を目指そうとするチャレンジ精神も見せている。誘われた先で弟に投げキッスされたときは、「そういうのはファンの人にやってほしい」と怒った。なかなか難しいお年頃のようである。「本当はわたし何をやりたいのか迷ってたの…でも、アイドルなら…」「みなみ、決めますっ!」「勉強もスポーツも、大好きですっ」 サマーライブ 2012年7月24日から始まったイベント「アイドルサバイバル in サマーライブ」では、栗原ネネ、三好沙南とともに、お揃いのTシャツ(特訓前)、セーラー服(特訓後、学生服ではなく水兵服)でレアカードとして登場しました。このトリオは、後のイベントでライバルユニットとして登場することが多い。他のメンバー(椎名法子、多田李衣菜、小関麗奈)を含めてもトリオの中では最年長なので、お姉さん的な存在かもしれないが、「「紗南ちゃんもネネちゃんもカワイイっ♪ふふっ♪」と、彼女たちのことを見守っている。 イベント限定レアカードでありながら、使用コストがなぜか10に下がり(性能はN以上)、スキルもなく、攻撃力・防御力も可もなく不可もなく、愛されて使われるキャラクターとなっています。 露出度は相変わらず高い。家族も応援しているようで、父親からは「服装がちょっとセクシーすぎる」と言われている ...。プロデューサーの視線に気づいたのか、他のアイドルよりも露出度の高い彼女の服装を不審に思っているようだ。 「アイドルって形の見えないお仕事だって思ってたけど、ファンの笑顔が全てなんですね」 笑顔の女神 2012年12月27日に開催されたイベント「新春アイドルプロデュース」でついに上位報酬SRに昇格した彼女は、17コストSRカードとしては初めて、バックメンバーの能力を下げるという特技を備えている。特訓前はコートを着て、一緒に初日の出を見ている。コートを着ていると、ほっこりするシチュエーションだが、なぜかちょっとセクシーな感じがする。 ...
続きを読む

道明寺歌鈴の特徴は?奈良県出身の巫女さんアイドル

概要 THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLSに2011年11月28日の発売以来登場するレアアイドル。奈良県出身で、名前は道明寺だが、小袖に緋袴という巫女さんのような出で立ちをしている。実家が神社なのか、アルバイトをしているのか、長らく不明だったが、2014年1月1日の誕生日コメントによると、「神社の子なのに元旦生まれで…。忙しい時期に生まれたから、大変だったみたいです~」自分で言うのもなんですが、ドジで鈍感なんだそう。私が掃除した床で転んだり、挨拶で噛んだり、迷子になったり。でも、それでいいんです。稽古の時は、脇の下を露出する衣装を着る。博麗霊夢のように腋がむき出しになることは巫女の宿命なのだろうか。 新春 2012年のお正月イベント「アイドルおもちつき大会」では、衣装「ハピネスプレアー」のコンプ報酬として、このレア巫女の別バージョンが登場しました。特訓しても巫女はわき腹に。誕生日は1月1日で、普段は巫女としての仕事で精一杯の彼女だが、今回はアイドルとして活動することに。しかし、なぜかバナナで転倒してしまう。恋愛運には自信がある。でも、神社が大変なことになるのではと心配している。 大器晩成 2012年5月11日に開催された「第2回プロダクションマッチフェスティバル」で上位報酬としてSRになった。ドジっ子属性は健在のようだ。能力は「せいいっぱい」。ちなみに、報酬公開直後はセカンドネームが「進化する巫女」、能力が「間違ったお祓い」と描かれていた。観光大使として活躍し、噛んでいたセリフがはっきり言えるようになるなど、成長の跡が見られる。その滑舌の良さは、元アナウンサーの川島瑞樹さんから学んだと言われています。その理由は容易に想像がつく。 ゲーム内で更新される漫画「シンデレラガールズ劇場」第9話では、高森藍子と一緒に登場するが、帯はほどけ、服は脱げ、下着もつけていない天然露出狂の姿を見せ、藍子を心配させる。 ここまでの6枚は、すべて巫女装束とそのアレンジです。 アニバーサリーピンク 2012年11月28日に開催されたイベント「1st Anniversary アイドルプロデュース」にて、キュート枠プロデュース対象になった彼女。初期からドジっ子で、今でもたまに噛むことがありますが、後ろ向きな発言はほとんどなくなり、前向きな性格になってきています。特技は「しっかりスマイル」。歌っているときは噛まない。私服での登場は今回が初めてだが、この日のために新しい服を着てきたようだ。巫女服は彼女の正装であり、普段着ではない。前回共演した高森藍子を「森の中の妖精のよう」と表現し、その落ち着いた雰囲気に感心していた。 サンシャインビーチ 2013年7月30日に開催されたイベント「アイドルLIVEツアーinハワイ」後半のレッドメダルチャンスで、2度目のSレアとなった。特技は「真夏のアクシデント」。まだまだおっちょこちょいな彼女ですが、セリフでは言葉を噛まないなど、成長を感じさせます。特訓前、Tシャツを脱いで水着になるところですが、ピンクの水着が彼女らしいですね。特訓後は、今季のSRでは恒例となったライブ会場でのパフォーマンス姿を披露。ここでもピンクの衣装で登場する。 アイドルとしての実力はすでに証明されているので、彼女の出自をネタにする必要はないのかもしれない。 新春コレクション 2014年の元旦、つまりタイミングよく誕生日に「お正月振袖コレクションガチャ」に登場しました。特訓前は、実家の神社にみんなでお参りに来ていましたが、今回は上條春菜が巫女役に徹し、衣装を貸した歌鈴は私服でした。その場所をよく知っているためか、「お正月の神社は大忙しなんです!ドジしてるヒマはないんです!」と柊志乃やナターリアにツッコミを入れつつ、事務所に飾る熊手を選んでいます。しっかりしていると思いきや、挨拶で噛んでしまいました。特訓の後は、みんなでお揃いの着物を着て、「お正月に初めてちゃんとした振袖を着れるのが嬉しい」と話します。絵馬に何か書いている…。親愛度を上げると、その内容を教えてくれるそうです。 ...
続きを読む

五十嵐響子の人物像は?趣味は家事、「お嫁さんにしたいアイドル」グランプリ優勝の15歳

概要 「アイドルマスター シンデレラガールズ」には、2011年11月28日のサービス開始時から出演しています。 人物紹介家事を趣味と表現するほど家事が得意。よく家の掃除をしようとしたり、シャツの洗濯や食事の支度を申し出たり、進んでスタッフの手伝いをする。実際、コミュ『スターライトステージ』では、「お嫁さんにしたい有名人アワード アイドル部門グランプリ」のアイドル部門でグランプリを獲得している。学校の成績は平均的で、体力もあり、チャームポイントは髪。絵を描くのが苦手で、一時期あだ名が「画伯」になっていた。後に「サインにイラストを入れたら好評だった」と語っているので、冗談で使っているだけなのか、実は無自覚なのか…。 家族構成鳥取県生まれ。弟と妹がおり、計4人。制服姿で事務所に来るイラストや、「最近は忙しくて家族に会えない」「ホームシックにはなっていない」というセリフから、地元を離れて一人暮らしをしているか、事務所の女子寮に住んでいると推測される。鳥取砂丘をよく見ているようなので、実家は日本海側にあるのかもしれない。15歳という年齢ながら、長らく高校3年生なのか1年生なのか不明だったが、今回正式に高校1年生であることが明言された。8月10日生まれの15歳で、同じく高校1年生の渋谷凛と同い年。 ノーマル(ピンクチェックスクール) 2011年11月28日のゲーム開始時からオープンしているお仕事エリア「千葉」に初登場しました。特訓前は、白と淡いオレンジのワンピースを着た私服姿でした。特訓後は白のブラウスにピンクのスカートという、島村卯月や小日向美穂と同じデザインで登場。衣装名が明らかになるまでに3年近くが経過している。 ジューンブライド 2012年5月24日から開催されたイベント「きらめくブライダルショー」にて、イベント限定ノーマルが登場。共演した松山久美子を「久美子さんは何でも着こなせて羨ましい」と評した。プロデューサーにオムライスをふるまう、「料理番組に出たい」などと料理の腕前をアピールした。また、オムライスにケチャップで描いたウサギがクマに見えるなど、絵が苦手であることを明かした。 漫画『シンデレラガールズ劇場』第10話にてナターリアと共に登場し、それに伴いゲーム内で更新された。プロデューサーとの結婚について話す際に苦笑いを浮かべるが、積極的なナターリアに誘われ、「響子も一緒に三人で結婚しよーナ」と誘われている姿が描かれた。 共演者コメント・和久井留美さん:「響子ちゃん達に言われちゃったわ。結婚って憧れです、だって」・松山久美子:「響子ちゃんのドレスもステキね。ヒラヒラしたドレスも似合うっていいなぁ」・ナターリア :「キョーコはオレのヨメー」 通常のイベント限定カードになったため長らく復刻されずレジェンドカードとなっていたが、2020年の復刻版「鎌倉アイプロ」で登場した。「CINDERELLA MASTER」「スターライトステージ」「P.C.S.」でのボイスの後に復刻された。 マーメイドパラダイス 2012年7月31日に開催された期間限定ガチャ「水着パラダイス」で登場したレアカードです。同時に登場したSRは神崎蘭子、イヴ・サンタクロース、Rは横山千佳、水木聖來、瀬名詩織、及川雫。圧倒的な攻撃力に加え、キュート&クールタイプの攻撃力を大幅にアップさせる特技を持つトップクラスのアタッカーに成長しました。今回は、グラビアのお仕事です。特訓前は水着になることを恥ずかしがっていたが、「似合う」と言われると大喜びで撮影を待ちわびた。特訓後の公演のテーマは「人魚姫」だが、ハッピーエンドが好みで「ハッピーな時間にしましょ♪」とLIVE中に呼びかける。日焼けすると赤くなるそうで、プロデューサー付近では顔が赤くなっていました。日焼けのせいなのか、夕焼けのせいなのか、それとも…? 好きな料理は肉じゃが、お菓子作りは苦手。しかし、以前バレンタインデーに手作りチョコレートを作ったり、その後自分でケーキを焼いたりと、スキルアップの道を歩んでいるようだ。また、小日向美穂とはN+の衣装繋がりで仲が良く、「美穂ちゃんみたいに私も演技してみたいな!」と語っている(直前に発売された美穂のSRで演技の練習をしている)。本人曰く「サインにイラストを入れたら好評だった…」とのこと(画力はいかがなものか...?)。 スイートクリスマス 2012年11月30日より、期間限定ガチャ「1周年記念クリスマスパーティー」にて、Sレアカードが登場しました。同時に登場したSRカードは佐城雪美、本田未央、Rカードは原田美世、三船美優、荒木比奈、星輝子でした。特訓後、薄着になったが、まだ肌寒い。特技は「手料理プレゼント」で、キュートのバックアップメンバー上位10人の攻撃力を大幅にアップさせる。特技名からして、10人分の料理を作って提供するもの。アイドルの中でも料理の腕前は有名で評判が高く、美世も「響子ちゃんの料理が楽しみ」と話す。また、自分で作ったクリスマスケーキをプロデューサーに食べてもらおうとするなど、嫁力としての自覚も芽生えてきている。初登場時からプロデューサーへの愛を表現していた彼女だが、シリーズ4作目となる本作では、これまで以上に積極的になっている。特訓を繰り返し、親愛度をMAXまで高めた彼女が放つ最後のセリフは必見です。 ...
続きを読む

十時愛梨を紹介!趣味はケーキ作りで天性の天然ボケ女子

概要 2011年11月28日の『アイドルマスター シンデレラガールズ』開始以来、レアのアイドルとして活躍している。18歳の大学1年生で、友人が自らオーディションに応募してデビューした(CDのドラマパートで判明)。CDはママに送った と発言しているように、秋田県の実家とは離れて暮らしている。大学生時代に合コンに参加したことがある。趣味はケーキ作りで、三村かな子、道明寺歌鈴、上条春菜など他のアイドルからも絶賛されており、2015年の誕生日にはプロデューサーを誘ってケーキを作り、2016年には自分の誕生日ケーキを焼いたが、プロデューサーもケーキを用意していたため一緒に食べた。というようなこともしているそうです。天性の天然ボケである上にに暑苦しい性格で、脱ぎたがりなところが印象的です。というか、挨拶で服を脱ごうとするなよ!誘われていると勘違いしたプロデューサーも少なからずいただろう。裸眼での視力は最低限だが、メガネをかけるのに慣れていないのか視界が狭くなりよくふらつく。初期Rは、特訓でバストサイズがアップする胸囲的プロフィールを持つ。このプロフィールは当時から変わっていないが、着るたびに衣装がきつくなっているように見えることから、実はバストサイズ以上に成長しているのではないかという記述もある。 ユーザー間での愛称は「とときん」。東郷あいや高森藍子と紛らわしいのか、ほとんどのカップリングタグで「とと」と呼ばれている。「天然ボケ 」と同様に、「カマトト 」扱いされないことを祈る。 スイートバレンタイン 2012年2月8日に開催されたイベント「バレンタイン・パーティー」の報酬としてSR化されました。非常にあざといエプロン姿で登場する。よく裸のエプロンと間違われるが、実は服を着ている。なぜ裸エプロンと間違われるような服を着ているのだろうか。その後のイベントでは、「スウィートラヴァーズ」で三村かな子と研修後の衣装で登場した。 シンデレラガール 2012年7月30日に結果が発表された「第1回シンデレラガール選挙」では、79256票という圧倒的な得票数で1位となり、初代シンデレラガールとなる。その後、Sレア「シンデレラガール」としてガチャに追加されました! 投票時のコメントは、「結果にドキドキしますね!カラダも熱いし、頭もボーっとするし、喉も痛くて…アレ…これってもしかして……?」どう考えても、風邪です。これを79256回繰り返した結果、北条加蓮以上の病弱キャラにならないことを祈るばかりです。 … そして、彼女が初めてスカウトガチャとして登場したのは、9月14日の「秋夜のお月見会」の時でした … モバマス初の17コストキャラクターである。外枠が{シンデレラガール}特有のもので、特別な扱いを受ける。 特訓前はリラックスした様子でくつろいでいる。特訓後はガラスをイメージした淡いブルーの衣装に身を包み、胸にはトロフィーを掲げ、嬉し涙を流す姿も見られる。この時、スリーサイズが更新され、バストが86から88に変更されている。 ゲーム内で更新される漫画「シンデレラガールズ劇場」の第33話ではインタビューに登場している。これは、アニメ版『アイドルマスター』の第1話へのオマージュと思われる。服を脱ごうとした瞬間に、「もう脱がないように気を付けます」と言う。この「5分ともちませんでした」は、後に真鍋いつきや喜多日菜子に受け継がれ、パッションの風物詩となる。その後、速水奏とともに通常ガチャに導入された。 イベントでは2代目の神崎蘭子と共に「シンデレラガールズ」の名を冠した夢のユニットを結成した。 CDデビュー ...
続きを読む

緒方智絵里を紹介!シンボルは四葉のクローバー、TVアニメで中心人物のキャラ

無印 2011年11月28日 Mobage版『アイドルマスター シンデレラガールズ』にて、ゲーム開始時から登場。 「お仕事」やローカルオーディションガチャで入手できる。智絵里のシンボルである「四葉のクローバー」への言及は、この時点から見られる。特訓前は、プロデューサーに「見捨てられる」ことを心配するセリフが多い。特訓後は、仕事に対して前向きなセリフが多くなり、プロデューサーから力をもらっていることがわかる。 衣装名は「ピンクドットバルーン」です。衣装名は、初期衣装ユニットと同じです。メンバーは持田亜里沙、三村かな子、柳瀬美由紀。 バレンタイン 2012年2月8日 イベント「バレンタインパーティー」の限定レアカードとして登場。 自分は運の弱い人間だと言っており、四葉のクローバーとの関係性が窺える。特訓後の衣装には天使の羽があり、智絵里の思い入れの強い「天使」の要素が加わっている。セリフ「〇〇さん、あ、あの…チ…チ…チョ…チョ…チョップ、です。えい」というセリフは、「ちえりんチョップ」の原点であり、ミームとして人気を博した。 パジャマパーティー 2012年4月30日 コンプガチャ「パジャマパーティー」にて限定レアカードとして登場しました。 このカードの愛称は 「ぱじゃり」。彼女は寝る前にホットミルクを飲む習慣がある。また、夜眠くなるような子供っぽい一面もある。「いぇいっ!」という掛け声が初登場です。このコールは、その後も様々なシーンで登場しています。川島瑞樹、黒川千秋、間中美里、若林智香も同ガチャに登場したアイドルである。若林智香にはダンスを教えてもらい、黒川千秋については「真面目な方なので、一緒に仕事をすると緊張します」という。 漫画『シンデレラガールズ劇場』の第7話で初登場。成長期なのか、最近服がきつくなってきたと話す。 京町乙女 2012年10月11日のイベント「アイドルプロデュース京町編」にて限定レアカードとして登場した。 初イベント報酬。2015年7月17日、2019年6月17日の2回復刻された。今回、初めて京都に行ったそうです。智絵里は三重県出身なので、もしかしたら修学旅行で行ったことがなかったのかもしれません。神谷奈緒や諸星きらりとはイベントで共演したことがあり、同名のユニットも存在する。 バレンタインエンジェル ...
続きを読む

塩見周子の人物像は?京都府出身、趣味はダーツと献血の自由奔放な女の子

概要 2012年4月13日に『アイドルマスター シンデレラガールズ』に追加された「京都エリア」のボスとして初登場し、LIVEバトルで勝利して仲間になる。京都府出身で、純日本人のイメージとはかけ離れた銀色のショートヘアと、狐のような大きな瞳が特徴。実際、作中でもキツネについて聞かれることが多く、彼女自身のネタにもなっている。彼女は自由奔放で軽快な性格である。実家でのんびりしているつもりが、実家を追い出されてしまったため、実は最初は双葉杏と大差ない。しかし、ニート属性が全くブレない杏と違い、周子は徐々にアイドル活動に対して前向きになっていく。実家が京都の和菓子屋であることから、それなりの名家であることが推測されるが、実際のところは不明である。彼女の実家の八つ橋は、CDのドラマパートで重要な役割を果たし、アイプロでプレゼントされ、その後商品化されるなど、キーアイテムとなっているようです。デレぽでは、自分で掘りに行ったサツマイモで芋きんとんを作ったりしている。性格は自由奔放だが、趣味はダーツと献血というミスマッチなプロフィールを持つ謎の人物。本人曰く、年配の方に人気があるそうです。美波から(鍋へ入れるものの中身について)信頼されているように、根っからの常識人なのかもしれない。実家では真面目に育てられすぎたと述懐している。スターライトステージによると、高校入学時にピアスを開けていて叱られたそうだが、18歳なら問題ないのだろう。誤解されることもありますが、ピアスをしているからといって献血ができないわけではありません。詳しくは、日本赤十字社のホームページをご覧ください。 第4回シンデレラガール総選挙で1位を獲得し、シンデレラガール4号に確定し、恒常SR「シンデレラガール」の導入に伴いボイスが実装されました。シンデレラガールの伝統として、初代アニバーサリープリンセスとしてお披露目となった4thアニバーサリーアイプロイベントでは上位報酬を獲得した。第5回大会ではトップ10圏外に終わったが、第6回大会では再びトップ10入りを果たし、その実力を見せつけた。ボイス付きアイドルが10人しかいなかった第1回の十時愛梨を除けば、ボイスなしで優勝したシンデレラガールは周子だけである。CVは、大阪育ちの中国人声優、ルゥティンさん。その名前から、冗談で「ティンときた」ではなく「ティンがきた」と呼ばれることもある。 クーリッシュピクシー 2012年6月7日から開催されたイベント「アイドルサバイバル動物園」にて隠しボスとして再登場した。体力は望月聖と同じ50万である。また、後日ガチャに追加された。守備型でありながら、白坂小梅に匹敵する性能を持っている。着物を着ていた通常版とは異なり、私服で登場する。また、京都出身で、京都美人を体現する小早川紗枝を尊敬している。 「アイドルシューコ、トップアイドルの道を驀進中!」当初の適性はどこへ行ったのだろう。「また髪切ろっかなー?」と言う彼女。以前はもう少し髪が長かったそうです。今後、ロングやセミロングになる可能性はあるのでしょうか?このカードの特訓後、彼女はプロデューサーを名前で呼んでいたのが、「さん」付けで呼ぶようになりました。 ミッドナイトフェアリー 2012年9月26日に開催されたイベント「アイドルサバイバル学園祭」でガチャSRに昇格した。クール系アイドルの中でもトップクラスの攻撃力を持ち、攻撃力を中~特大(SR+は大~極大)にランダムで上昇させる特殊能力を持っています。この能力がランダムで増減するアイドルは、塩見周子が初めてです。また、イベント「アイドルサバイバル」のみ、攻撃力が2倍(SR+は3倍)になり、向井拓海に次ぐ強力なアタッカーとなる。 特訓前のイラストでは、プロデューサーをダーツバーに誘い、勝負を持ちかけている。ハンデとして右手でプレイすると宣言するなど、腕に自信があるようだ(周子は左利き)。SR版と同時発売のゲーム内漫画「シンデレラガールズ劇場」37話では、中野有香と学園祭を訪れ、学園祭の出し物の一つとしてダーツ勝負を挑む。 アイドルプロデュース京町編京都出身のアイドルとして、地元以外のイベントにも出演することがある。実家に寄生...ではなく帰省中に偶然出会った、京都ロケの話を聞いて遊びに来た、など。イベントが成功すれば、少し笑ったり、顔を赤らめたりといった表情が見られる。同じ京都出身の小早川紗枝も同イベントに登場した。しかし、同じく京都出身のアイドル、相馬夏美や佐城雪美は登場しません。桃香がいても不思議ではない。 ニューイヤー 2012年12月27日から「新春アイドルプロデュース」で相葉夕美、安部菜々とともに再R化された。プロデューサーをいじりながら、感謝の気持ちを伝える。八つ橋のプレゼントをもらったり、仕事がなければ年末年始は帰省するつもりだと言ったり、両親と仲が良い様子が描かれています。彼女の両親は、彼女が働いていれば、寄生厨(パラサイト)でなければOKだったのでしょうか? 特訓前のイラストで食べ物がないのは今回が初めて(「劇場」では甘酒を飲んでいて、会話に食べ物がでてくる)。偶然かもしれませんが、夕美ちゃんが口を閉じているのもこの時が初めてです。特訓後、久しぶりに和服に着替えた。慣れたもので、和服に違和感を感じていないようです。 あやかし京娘 2013年6月13日に開催された新イベント「ドリームLIVEフェスティバル」で上位報酬のSレアとして登場した。イベント開始前に発表された上位報酬の1つであり、フェス以外では見られなかった。特訓前はアルバムにある古い写真を見ており、特訓後はやはり狐をイメージしてか、上記画像のような伏見稲荷風の衣装で登場する。 ビーチスタイル 2014年1月16日に開催された「はじけて♪サマー水着パラダイスガチャ」で登場した水着姿の新Rです。白い肌を誇り、色素が薄いため日焼けをしようとしてもできないと言われている。 「劇場」228話では、SRとしても登場した島村卯月や、渋谷凛&本田未央のバックで登場。卯月の誘いを断るものの、結局卯月と楽しく遊んでいる。(設定からして、未央のSR発売時にR枠だった月宮雅も一緒にいる可能性が高い) ブルーサマーヘブン ...
続きを読む

藤原肇を紹介!岡山県出身、浴衣の似合う16歳の女の子

概要 2012年3月15日、『アイドルマスター シンデレラガールズ』におけるお仕事「大阪エリア」の開放で初登場。2017年8月31日、CVが発表され、mobage版でボイスが実装された。 性格(パーソナリティ)岡山県出身の16歳。祖父が陶芸家であり、その跡継ぎとして期待されているが、自分の陶芸のセンスに囚われており、もう一つの夢であるアイドルになることでそれを打破しようとする。 まだ16歳という若さながら、祖父譲りの丁寧な口調と礼儀正しさ、そして頑固さを兼ね備えている。もちろん、陶芸の心得もあり、集中力もある。仲良くなれば、手作りの湯呑みをプレゼントしてくれるそうです。また、彼女のユニットで活動していた今井加奈によると、ドイツを訪れた際、肇が目にしていたのはコーヒーカップだけだったという。 祖父の無茶な要求に苦笑することもあるが、「備前の陶芸は日本一」と自負している。また、祖父から「肇(はじめ)」という名前をもらったが、「男っぽいけど、大切にしている」という。特に初登場時は祖父のことをよく話しており、その言動の多くは祖父の良さを受け継いでいる。その後のカードでは登場回数が減っていますが、彼もまた祖父の良いところを受け継いでいます。孫のアイドルデビューに大喜びした際に腰を痛めたと言われている。 設定上、岡山県備前市付近の山奥の出身とされているが、正確な出身地は言及されていない。ちなみに、藤原という苗字は、実は岡山県に多い。備前の陶芸家には、人間国宝の藤原啓や藤原雄がいる。 肇役の鈴木みのりさんは、個人ラジオ番組「S笑顔満タンで(ミノとタン)」(2022年11月19日放送)で、「藤原肇の字がみんな読めない」と発言。他のアイマスキャストに「ふでじゃなくてはじめなんだよー」と言うこともあるそうです。 容姿前髪に見られるチョロっとしたくせ毛やタレ目、まつ毛が特徴的。なお、NやSSRで着ている作務衣は流石に普段着ではないが、陶芸中はこれに限ると語っている。 浴衣祭り 2012年7月4日、「浴衣祭り」スカウト券ガチャの途中から登場した。同時に登場したのは、浜川愛結奈、奥山沙織、成宮由愛、海老原菜帆、小早川紗枝(SR)。SRだけでなく、守備型のRでもある彼女は、周囲から「雰囲気が変わった」と言われるが、気取らず、気負わず、自分らしくいられるように頑張っている。 特訓前に着ている浴衣は、祖母の形見。久しぶりの夏祭りに嬉しそうで、イラストの場面では「プロデューサーより早足で行ってしまったところで呼び止められて振り向いた」と語っている。浴衣を着ることが多いため、歩きにくさは感じないという。特訓後は、ミニスカートの浴衣を着て、より高いステージを目指すと宣言している。また、湯呑みを再び作るが、プロデューサーが古い湯呑みを使い続けることに驚く。彼女がくれたものを手放すわけがないのだ。ちなみに、特訓前のイラストは、ローソンキャンペーンの「はなびセット」のパッケージとおまけシールに使用されている。 夢の使者 2012年10月17日に復刻された「新・パジャマパーティーガチャ」の新要素としてSRが登場しました。[浴衣祭り]から一転、攻撃的なタイプになりました。特訓前はTシャツ一枚で実家で昼寝をしている。彼女のセリフはすべて寝言である。ゲーム内で更新される漫画『シンデレラガールズ劇場』(以下、劇場)第42話「寝言には要注意」の夢オチに心を打たれたPも多いはず。そんな状態でも、彼女はLiveバトルに投入され、場合によっては勝利することができる。やはり彼女は天才なのだろうか......。2019年1月29日にボイスが追加されると、この寝言が実際に聞けるとあって、カードを所持している多くのPが歓喜した。 特訓後は、神秘的でありながら、和風アイドルとしての姿勢を崩さない美しい衣装に身を包んでいます。背景も夢の世界を意識してか、オーロラや惑星が見える空の下、水面に浮かぶボートの幻想的なシーンになっています。「プロデューサーの教えのおかげで広い世界に旅立つことができた。次は私が夢のメッセンジャーになる」と言っています。 シンデレラガールズ劇場11巻の表紙には、この衣装で登場しています。これまで不明だった足元は、輝く星が散りばめられた青いロングブーツになっている。 夜桜小町 2013年3月28日、イベント「アイドルプロデュース 春の桜祭り編」で上位SRとなった。特訓前、共演の桃井あずき、東郷あい、片桐早苗、龍崎薫と一緒にPとお花見をしており、SR薫の背景に後ろ姿もある。上下フルコスチュームで登場するのは今回が初めてで、私服に悩んでいた二次創作スタッフたちも喜んでいる。特訓後、その名の通り夜桜の下で撮影される2人。特訓後の2人は、幻想的な美しさで特に人気があります。2018年3月8日、ゲームセンターのプライズ景品としてフィギュア化された。 劇場版第93話では、悪影響な大人から薫を守る。彼女は年下への面倒見の良さがうかがえる。コマで、薫の目を覆い隠していることから、ロリコンと呼ばれる風評被害的な誹謗中傷を受けることがあります。 ...
続きを読む

速水奏の特徴は?趣味は映画鑑賞で小悪魔なリーダーアイドル

概要 不思議な雰囲気を持つ17歳の女子高生。自称「学校では真面目な方」。その大人びた性格から「大人っぽい」と評されることが多く、年齢を勘違いされることが多い。 アイドルとしては「歌手・ダンサー・女優」を売りにしており、その才能と実力を他のアイドルから認められることが多い。(注:Project:Kroneにおける序列は本書では明示されていないが、加奈は『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS』においてリーダー的な役割」「代表格」として紹介されている: THE COMPLETE ANIME FAN BOOK』)。 プロデューサーに、 「あなたが私の…? ふぅん、私をアイドルに…うーん、どうしようかなぁ。そうねぇ…じゃあ…今、キスしてくれたらなってもいいよ。どう? …なんてね。ふふっ! プロデューサーさん、顔が赤いよ?」 (これはモバゲー版で言われた言葉です。プロデューサーを扇情的に挑発することが多く、小悪魔的な一面もある。 「誰にでも優しいのは傷つきたくないからよ。…あ、コレ一般論、ね?」 など、繊細な感情や哲学的な世界観を表現することが多い。また、哲学的思想(セレマ・プラグマティズムなど)や神話(ペルセポネ、テティスなど)に関する発言や仕事、スキルも注目されている。 趣味の映画鑑賞については、 ...
続きを読む

荒木比奈の人物像は?趣味は漫画を描くことなオタク気質アイドル

概要 2011年11月28日の『アイドルマスター シンデレラガールズ』開始時からノーマル(N)として登場した。ボサボサの髪に緑のジャージ、メガネが特徴。趣味が漫画を描くことという冴えないオタクのような外見をしており、本人もそれを自覚している。自分の外見にこだわりがなく、異性にモテたいという願望もない。語尾に「〜っス」をつける癖がある。当初はアイドルになることにあまり乗り気ではなかったが、実はナイスバディ(B83/W56/H82)で、ポテンシャルは十分ある。特訓によって自分のかわいさに気づくシンデレラガールである。特訓後は眼鏡を外し、青いナポレオンを着用する。 年2回開催されるフェスに参加するために徹夜していることが、後のイベントや追加カードで明かされている。アイドルとしても活動しているのであれば、非常に高いスペックを持っている。二次創作では大西由里子のような腐女子として描かれることが多いが、どこまでがオタクなのか、どんなマンガを描いているのかは不明である。一応、後述のサイバーグラスの特訓前カードで彼女の絵を見ることができる。 サイバーグラス 2012年8月30日からの「第4回プロダクションマッチ祭り」でレア(R)に昇格.。Nとは違い、特訓してもメガネを外さない。正確には、ステージに上がる前にコンタクトに変えようとしたが、メガネジャンキーの上条春菜から外すように迫られた。そのやりとりは、ゲーム内漫画「シンデレラガールズ劇場」第28話で描かれています。R+は「「この私が眼鏡でステージに立っても大丈夫なんでスかね?」とコメントしており、眼鏡をかけている人の前に立つことに、彼女は少し自信がないのかもしれません。 … また、R+版の日菜と春菜の組み合わせは、「サイバーグラス」とも呼ばれる。初出は「ドリームLIVEフェスティバル」。 クリスマスパーティー 2012年11月30日から開催されたガチャイベント「1周年記念クリスマスパーティー」にてRとして再登場した。同期間に登場したSRは本田未央、五十嵐響子、佐城雪美、Rは原田美世、三船美優、星輝子でした。近年、クリスマスは年末年始の行事を控えているため修羅場となっていたが、今年はパーティー当日の朝から入場し、無事に参加することができたという。寝不足を訴えながらも、久しぶりにみんなとクリスマスを楽しんでいる様子でした。特訓前の彼女は、ワイングラスを片手にクリスマスパーティーを楽しむ可愛らしい姿が描かれています。過去には、20歳には見えないと言われる姫川友紀さんや水木聖良さんにお酒を飲ませるなど、年齢を感じさせない工夫もされています。特訓後、再びメガネを外す。カブトムシ、イグアナ、ロバ、ビションフリーゼ、サンタ&トナカイなど、本作のユーザーにはおなじみのぬいぐるみを抱えています。この時、佐城雪美には黒猫のぬいぐるみをプレゼントとして手渡したようです。 ブルーフロートパーティー 2013年7月30日から開催されたイベント「アイドルLIVEツアーinハワイ」のメダルチャンスの最上位賞品として、Sレアが登場します。そんなクールなSレアのお家芸は、特訓前と特訓後の雰囲気の違いです。特訓前は、家に遊びに来たばかりで、髪はボサボサ、猫が描かれたワンピースの上に、いつもの緑のジャージを肩から羽織っている状態です。背景の比奈の部屋をよく見ると、壁にはTシャツがかかっていて、「はた まけ」と書かれたものと、「カニの絵の下に「カーニバル」」と書かれたものがあります。これらのTシャツは、デレステのコミュや様々な「劇場」で、彼女が奇妙な柄のTシャツを着るときのルーティンの一部である。特訓後は、その名の通り泡の妖精に扮し、自ら創作した物語のメインヒロインを名乗る。また、特訓後は眼鏡をかけない。 花咲く舞姿 2014年2月26日の「ひな祭りツアーカーニバル」で2回目のSR化を果たした。 特訓の前は、比奈自身が他のアイドルとお揃いの服を試着しているようです。プロデューサーの「かわいい」という掛け声が効いているようです。比奈は直球勝負に弱いオタクのようです。特訓の後は、柳瀬美由紀さん、北川真尋さんを引き連れてダンスを披露してくれました。「女の子の日は2日目っス!」というが、夏祭りや冬祭りのことを指しているのだろう。83cmのバストもさることながら、56cmのウエストやへそを強調するような服装をしている。 「シンデレラガールズ劇場」253話では、暴走族的なテンションでこのイベントのトップとして登場。名前が比奈なので、雛祭りのトップであることは明白な構図である。本業?向井拓海はもちろんだが、ノリのいい美由紀や真尋に比べると、ちょっとたどたどしいのが彼女らしい。 夏の思い出 / 一夏の思い出 「アイドルプロデュース ...
続きを読む

高垣楓の特徴は?趣味は温泉巡り、高身長の天然キャラ

概要 2011年11月28日、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の初期に登場したレアのアイドル。和歌山県出身の25歳。過去にモデルとしての経験もある。ゲームに登場する時は、その時のトップクラスの実力と、攻撃力を強化する優秀な特技を組み合わせていることが多い。また、彼女の好みなのかどうかは不明だが、衣装には緑系の色が多く使われている。 外見ふわふわのボブカットの髪型で、左目の上に泣き顔をチャームポイントにした、どちらかというとあどけない感じの顔立ちをしています。漫画『ロッキングガール』に登場した際、吹き出しで「突然現れたこの女の子は一体!?」 という吹き出しがあった。童顔の安部菜々や片桐早苗と違って極端に小柄なわけではなく、むしろ背が高い(身長は後述)ので、実年齢はさらにわかりにくい。 よく見ないと気がつかないが、実は右目が緑、左目が青というオッドアイである。カラーコンタクトを装着しているかどうかは不明。両目ともクールで暗い色をしているので、どんな高解像度・サイズの画面でも見分けがつかないのも無理はない。 身長は171cmで、シンデレラガールズの中では5番目に高い(次に高いのは諸星きらりの180cm以上、他の3人は172cm、1人は同じく171cm)。これは日本の成人男性の平均と近い身長である。 その一方で、体重は49kgと、健康上懸念される身長制限の55.6kgより7kgほど軽く、BMIも16.76にとどまっています。彼女はお酒も飲むので、肝臓が非常に強いのか、体重が少ないのかもしれません(BMIの数値が無視されたキャラ付けは、アイマスシリーズでは初めてではありません)。しかし、身長が高く体重が少ないため、バストサイズはBカップ(限りなくCに近い)であり、決して巨乳のキャラクターではない。でも、それでいいんです。彼女のスレンダーさは問題ない。身長もバストも如月千早を9~10cm大きくしたようなものだが、今のところ「大きい千早」と言われることはない。 内面自己紹介や自分の考えを相手に伝えることが苦手です。その他、仕事中も家事や食事など、仕事後の予定を考えている場面が多い。アイドル活動に対してもやる気がないわけではなく、むしろ真剣に取り組んでいる…。つまり、彼女は天然なのである。また、衣装について「胸元がキャベツに似てません?」など、突拍子もない発言をすることでも知られている。つまり、天然なのである。 さらにはオヤジギャグ(ダジャレ)好きだと思われる(「(……このステッキ、とても素敵…)」というモノローグが入っていた事から)ようになり、その後、番組に出演するたびに「これ、バレンタインのチョコレートです。…ちょこっとづつ食べるといいと思いますよ?」 などと、20代の女性が発想しないようなネタを披露。 彼女の趣味である温泉巡りも、どこか古風な感じがする。しかし、「プロデューサーと温泉行きたいな……」とテキストフレーバーで言うのは、やはり年頃の女性らしいと思います。ちなみに、彼女の出身地である和歌山県は、白浜温泉や龍神温泉など、温泉地として有名です。また、「高垣」という苗字は、実は和歌山県の和歌山市の南にあり、様々なお酒で有名な高垣酒造は有田川町にあるため、和歌山県の中でも比較的離れた地域の出身である可能性が高いです。 一方で、ワンダフルマジックやハッピーニューイヤーのカードセリフや劇場での活動から、しっかりした大人の一面も持っている。例えば、市原仁奈さんや輿水幸子さんを率いて、しっかりとした新年の挨拶をしています。また、サインもしっかりとした行書体風のスタイルで書いています。一言で言えば、つかみどころのない性格の持ち主である。ミステリアスな美貌は意外とシュールなのだが、大人びた雰囲気やお茶目な発言、時折見せるPさんへの愛情表現など、ちょっとドキッとさせられることがある。 以上のことから、時に「オバサンギャル」という印象を与え、その印象から「だらしない女」と思われがちだが、裏では気配りのできる大人の女性であり、良妻賢母のような性格であることがわかる。 無印 ゲーム開始当初から登場している。「素敵なステッキ」で初登場し、以後順次登場している。名前は「高垣楓」のみだが、2002年12月31日の新春振袖ガチャで【神秘の女神】高垣楓を引いた際に手に入れたプチ衣装から、特訓後の衣装名が「ライムグリーンフェザー」であることが発覚した。現在は一部で「ライムグリーンフェザー」と呼ばれている。 CDデビュー 2012年4月18日、CDシリーズ「CINDERELLA MASTER 004」に採用されました。 ...
続きを読む

鷺沢文香を紹介!運動音痴だけど本が大好きな文学少女

概要 2013年5月21日に『アイドルマスター シンデレラガールズ』に追加された「愛媛エリア」で、レギュラーアイドルとして初登場した。文学部に所属する大学生で、書店に勤務していた(アイドル雑誌を置くような場所ではなかったが...)。その後、ファッション誌を置いたり、ポスターを配ったりするようになり、(最終的に鷺沢文香コーナーを作る)、叔父からスカウトされた。ファッション誌を置いたり、ポスターを配ったりしているうちにスカウトされたのだそうだ。しかし、座って仕事をしているだけでよかったと言われている。 目を半分隠すような前髪(いわゆるメカクレ)が、彼女の性格をよく表している。人前が苦手で、本に夢中になってこちらの話を聞いてくれないこともある。しかし、彼女は自分の性格の問題を自覚しており、新しい人格に踏み出すきっかけになると考え、アイドルに挑戦することを決意する。 そんな彼女の性格を反映するかのように、服装は地味でゆったりとした私服。胸は体格の割に大きく、プロフィールから推測するとカップサイズはE。髪色は特訓前は銀色の筋があり、登場時から白髪になったという説があるが、公式なコメントは出ていない。また、ストールやペンダントなど、多くのバリエーションを身に着けている。 特訓後は、その成果か、以前よりも強く言葉を発することができるようになった。それを象徴するかのように、前髪が切りそろえられ、明るい瞳を見せてくれるようになった。表情もどこか明るくなり、今後が楽しみなアイドルとなりました。特訓前と特訓後のシルエットの変化は、このように成長するアイドルとしては珍しい。ただ、前述のように特訓前は隠れていた目が特訓後は見えるようになるので、印象そのものは大きく変わります。 また、レア[新たな一歩]の特訓後は、照れたような表情が見られる。新しい世界を見た驚きで、本当の笑顔に近づいていく。そして、SR[紙背の想い人]の特訓を経て...。 余談だが、本が詰まった箱を軽々と持ち上げられるほど体力があることは、第29回CINDERELLA PARTYで公式設定として紹介されている。運動音痴の文学少女ではあるが、筋力は人一倍ある .........。そんなギャップも彼女の魅力のひとつだろう。しかし、事務所で行われた腕相撲大会では、面白半分でシードされたのに最下位(最下位だから決定戦をやったのだろう)、一方で木村夏樹からは「粘り強い」と褒められた。 出身地の長野県には、1961年まで「読谷村」(「よみかきむら」と読む)という村があった。現在の木曽郡南木曽町の前身で、「読谷村」の名は現在も名字として残っています。 10周年記念衣装「シンデレラコレクション」に使用された過去の衣装は、モバマスのN+「ブックメイト・クワイエット」、デレステのSSR「ブライト・メモリーズ」と思われます。 N(無印ノーマル) ゲームでは、お仕事~愛媛エリア(2013/5/21~)で初登場した。書店で突然訪れたプロデューサーにスカウトされ、台詞の中で自分のことを話す。人と話したり目を合わせたりするのが苦手で、人前に出るのが苦手。仕事中も本に没頭し、気がつくと謝っている。言葉はややネガティブだが、愛情度がMAXになると、彼女とプロデューサーの物語が動き出す)。 特訓後、アイドル衣装のブックメイト・クワイエットを着て、「本当にプロデューサーなんだ」と驚いたという。プロデューサーなのだから、頑張ってしゃべろうと思ったそうです。しかし、通常の台詞も表示され(他も同様)、アイドルを経験したとはいえ、急に変わることはできず、人前に出ることやうまく笑うことがまだ苦手であることがわかる。しかし、この特訓後の台詞では、彼女はプロデューサーにこう言った。「…まだまだ新米のアイドルですけれども…私、せめて顔を上げて…こうして…目を見てお話できるように頑張ります。」 ゲーム内で更新される漫画『シンデレラガールズ劇場』では、第111話で初登場する。大原みちる、結城晴と一緒に愛媛に来た先輩のキャシー・グラハムと、新キャラに慣れている島村卯月、渋谷凛、本田未央の新世代トリオ(1コマしか登場していないが)にインタビューを受けて自己紹介をする。 R[新たな一歩] 「はりきりお嬢様4STEPガチャ」(2013/9/20~2013/9/26)で初めてレア化した。同ガチャは「アイドルプロデュースチャレンジ クッキングイタリアン編」(2013/09/18~2013/09/25)でも開催され、この時にパワー持ちとして登場した。ただし、本ガチャ開催中は「シンデレラガールズ劇場」の更新は行われませんでした。「…書物には…一生残したくなるようなものがあります。…そういう価値を…私に求めるのでしょうか。…本気、なのですね」 特訓前、書店で本を整理するために、たくさんの本を手にしているところです。彼女が手にしている本の中には、『世にも奇妙な物語(ミヒャエル・エンデ)』や『注文の多い料理店(宮沢賢治)』も見える。彼女は古本屋という仕事柄、本の整理をしている最中、それに対して、プロデューサーが手伝いを申し出ているようだ。本の整理をしながら、台本の置き場所を考えたり、歌の歌詞の世界観について考えたりしているあたり、アイドルという仕事にも拘りがあることが伺えます。そして、「私を知って…どうしようというのですか? ...
続きを読む